×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

乾燥肌対策なら私に任せなさい

簡単卵白パックでしっとりお肌に

冬は空気が乾いているし、暖房などもあり肌が乾燥しやすいです。洗顔後も化粧水だけでなく乳液をつけて、化粧水の水分を閉じ込めてあげないとすぐに蒸発してしまいます。また、洗顔後はすぐ化粧水で水分を補ってあげたほうが良いので、化粧水をスプレー容器に移しておいて、片手でもシュッとできるようにすると便利です。しかも、このスプレー式。日中でもちょっと肌が乾いたなと思ったらシュッとできるのでとても便利です。大きな容器でなく、小さめの容器ならバッグにも携帯できるので、持ち運び便利です。化粧崩れなどにも役立ちます。基礎化粧品だけでなく、たまにはパックをと思っていてもなかなか忙しかったり、面倒だったりで出来ないことが多いですよね。

 

そんなときにおすすめなのが、卵白パックです。これは、私が知人から教えてもらったスキンケアですが、実はその方は60代でつやつやの肌をしています。聞くと、アロエの果肉をヨーグルトに入れて、その残った皮の部分を肌に当てたり、ヨーグルトでパックしたりと、簡単にできる美容を毎日取り入れていらっしゃるそうです。

 

その中でも一番手軽だと思った方法を紹介します。。
朝食やお弁当、お菓子作りなど卵を使ったときに、卵の殻に少しだけ卵白が残りますよね。その卵白を指にとり顔にまんべんなく塗ってしばらく置きます。
少し時間がたつと、白身が固まっていた箇所などは乾くと白っぽくなることがありますが、真っ白な顔にはならないので安心してください。乾いた卵白はぬるま湯で落ちます。その洗顔後は、なんだかしっとりして手に吸い付く感じです。(感じ方は人それぞれですが)このとき、私が注意している点は、顔を笑顔に保つこと。満面の笑みでなくてもいいので、口角を少し上げたままの表情を保ちます。卵白が乾くと表情もそのまま固まりそうなので、ムスっとした顔や、真顔よりは口角を上げた幸せの表情で固まるほうが心もほんの少し上向きになっていいのです。口角を上げることで、心が幸せを感じるそうで、卵白パックでお肌も心もピカピカになれるかもしれません。素敵ですよね。  

乾燥肌には保湿力が高い化粧水を選びましょう

本格的に乾燥肌持ちには辛い季節になってきましたね。私も当然ひどく悩まされています・・・。毎年の恒例行事の様な物ですが、毎年早めに対策を打っているのですが、なかなか思う様にはいきません。

 

今年は乾燥肌用の化粧水として、セラミド配合の良い物を選ぶようにしています。

 

セラミドの保湿力は確かにすばらしく、市販の化粧水とは比べ物にならないなと感じます。保水力も高いので、肌にすっと馴染むのがお気に入りです。

 

乾燥肌 化粧水